キャビテーション 家庭用 おすすめ

自宅で手軽にキャビテーションできる家庭用のおすすめは?

痩身エステで人気の施術「キャビテーション」って引き締め、脂肪燃焼に効果が実感できるのに通い続けるのは大変ですよね。お休みの時に行こうと思っても予約がいっぱいで無理だということが続くことも。

 

エステに通うより安い費用で素人でも簡単に使える家庭用キャビテーションがおすすめです。自分のペースで時間のある時に自宅エステできます。防水機能があるのでお風呂タイムに使えて便利ですよ。

おすすめ家庭用キャビテーションランキング

ボニックProの特徴
EMSダイエットマシーン「ボニック」がバージョンアップして、EMS以外にもRF(ラジオ波)、キャビテーション機能で脂肪、むくみ、セルライトもスッキリさせてくれます。防水加工でお風呂でも使用できます。
価格 3,980
評価 評価5
備考
RFボーテ キャビスパの特徴
キャビテーション、RF(ラジオ波)、EMSを搭載したヤーマンの防水仕様のボディケア美容器です。ハリのあるバストを作るバストケアのモードもあります。RFボーテ キャビスパRFコア EX、RFボーテ キャビスパRFコアの2種類から選べます。(本体だけを購入するとRFボーテ キャビスパRFコア 34,000円、RFボーテ キャビスパRFコア EX 39,800円)
価格 34,000
評価 評価4.5
備考 2回目からは2,610円

キャビリッチの特徴
0.5MHzの特殊キャビテーションとEMSを搭載した自宅エステマシン。ベルト式なのでキャビテーション中でも手が疲れず、長時間行うことができます。EMS使用時もベタベタする粘着パッド不要なので便利!
価格 68,000
評価 評価4.5
備考 ライザップグループの関連企業と医療機器の協和医療器の開発
美ルルキャビの特徴
キャビテーション、RF、EMS、赤LEDの4つのエステ機能がまとめてできる美ルルキャビ。お腹や太もも、二の腕などのスリムアップに!食事制限、酵素サプリなどでは痩せきれない脂肪にアプローチします。
価格 24,780
評価 評価4
備考

 

キャビテーションの痩せる効果・美肌効果

 

痩身エステではたくさんの施術が行われていますが、中でも人気高いのがキャビテーションです。最先端の痩身マシンを使った方法で、切らない脂肪吸引という異名を取るほどの威力を持っています。

 

従来の痩身マシンとは脂肪細胞への作用方法が違いますから、即効性が高くピンポイントでスリムになりたい部分を引き締めるのに役立ちます。超音波による施術で痛みも全くなく、メリハリボディを目指せるキャビテーションの効果について紹介しましょう。

 

脂肪細胞の数が減るキャビテーションの威力

 

キャビテーションでは超音波を当てることで、脂肪細胞を乳化させて溶かし出す働きを持っています。つまり、脂肪細胞そのものの数を減らすことができます。従来の痩身施術では、脂肪の燃焼効果を高めて脂肪細胞の大きさを小さくする施術がメインでした。

 

キャビテーションは大きさを小さくするのではなく、細胞そのもの数を減らしてくれる施術なので、切らない脂肪吸引と呼ばれています。

 

気になる部分だけスリムに「部分痩せ」

 

ダイエットで一番難しのが部分痩せです。キャビテーションはマシンを当てた部分の脂肪が減ってくれますから、楽に部分痩せができてしまいます。

 

お腹周りやヒップ、ウエストなど、脂肪が付きやすく体型の崩れの原因になっている部分だけキャビテーションを受けると、その部分のみを引き締めてくれて残りの部分はそのままです。バストを小さくせずにお腹やヒップなどの脂肪が多い部位のみをスリムにできますから、メリハリボディを目指せます。

 

頑固なセルライトもなめらかに

 

太ももやヒップなどにあるボコボコしたセルライトは、セルフケアではなかなかきれいにできません。キャビテーションならセルライトにもしっかりアタックしてくれて、固くなったセルライトを見事に破壊してくれます。

 

周りにくっ付いた老廃物もハンドマッサージなどで排出しやすいようにサポートしてくれます。ボコボコとしたセルライトがすぐに消えてくれて、なめらかでスリムな体になれてしまいます。

 

トータルケアで効率的に痩せられる

 

脂肪は温まった状態だとキャビテーションの効果が出やすいです。キャビテーションを当てた後の溶けたの排出を促すケアをしてあげると、早く痩身効果も出てくれます。エステではスピーディーにスリムになる効果が出やすいように、キャビテーションとその他の施術が組み合わされています。

 

遠赤ドームで体を温めた後キャビテーションをして、ハンドマッサージで脂肪の排出を促進するなど、複数の施術との組み合わせで最大の効果が発揮できるようなコースが多いようです。

 

自宅で誰でも簡単に使えるキャビテーションもエステと同等の効果が得られますが、自分で行えば毎日でも使えるため、エステに通うよりも大きな効果が見込めそうですね。

 

>> おすすめ家庭用キャビテーション

 

キャビテーションには副作用はないの?

 

どうしても痩せたいと思ったときにはキャビテーションを利用するという方法はとても有効ですが使い続けることで副作用はないのか心配でしょうか?

 

キャビテーションは超音波を利用して脂肪細胞を破壊することが痩身効果となりますが、その過程で何らかの副作用があるとかになればやっぱり怖いですからね。キャビテーションには副作用がないのか?と実際にキャビテーションには注意すべき副作用は存在するのでしょうか?

 

キャビテーションは安全なエステ手法

 

キャビテーションは医学的にも安全と言われている手段であり、キャビテーションをすることで直接何らかのトラブルを引き起こすことはないとされています。現時点では副作用というのは、現実的にはあまり考えられません。

 

個別のケースでキャビテーションを利用した後に何らかの不調が起きることはないとは言えませんが、確率的に言えば決して高くはないですし、全体的に安全と評価できる痩せるための方法なのです。

 

キャビテーションで不調が起きることもある?

 

キャビテーションは基本的には全然に利用できると言いましたが、それでも100%問題が起きないとは言えません。例えば、胃に不調を感じたり、下痢になったりする人がいるとされています。

 

これらはキャビテーションの副作用と言えるようなものか?どうかは何とも言えませんが、現実的に存在はしているという報告例はあります。副作用という表現が適当か?どうかはともかく、そういった例はかなり稀な方だと思いますけど、用心しておくことに越したことはありませんよね。

 

キャビテーションを利用するときは食事に注意

 

すでに挙げたような、胃の不調や下痢の症状を感じる人が中にはいるわけですが、そういった状況への備えとしては、食事に気を遣うと良いとされています。

 

こういう状況はある程度防げる可能性があるのですが、それが食事をするタイミングで、キャビテーションを実施する前後に関してはできるだけ食事を摂らないようにした方が良いのです。キャビテーションを受ける前と後に関しては、時間を置いた状態で食事をした方が良いので覚えておきましょう。

 

自宅エステなら時間の管理も自分の思い通りできますが、エステに通う場合は普段の食事を摂るタイミングを考慮して、キャビテーションの予約の時間帯を考えたり、キャビテーションの予約の時間帯を考慮して、食事を摂るタイミングを考える必要性があるということなのです。

 

>> おすすめ家庭用キャビテーション

 

キャビテーション、ラジオ波 その違いは?

脂肪を吸引して、理想的なボディラインを作りたいのは女性なら誰でも願う事でしょう。家庭用エステ器具や、エステサロンでキャビテーションやラジオ波を使った脂肪溶解、脂肪吸引ができます。

 

ところで、キャビテーションとラジオ波にはどのような違いがあるのでしょうか。どちらも脂肪を分解して体外へ排出しやすくする効果がありますが、名前が違うだけに、利用方法にも違いがあります。自分にどちらが合うか、以下を参考にして見て下さい。

 

キャビテーションの主な作用

 

キャビテーションは、脂肪に超音波を1秒間28,000〜40,000回の振動を与えます。この振動で脂肪細胞と間質液に気泡が生じ、その後消滅するのですが、この気泡の発生と消滅の繰り返しに依って気泡と気泡の圧力差でキャビテーション(空洞現象)が起こります。

 

この圧力に耐えられなかった脂肪細胞の中の気泡が破裂して、脂肪細胞を効率よく燃焼させるのがキャビテーションの仕組みです。キャビテーションは、足や二の腕等部分痩せによく使われる施術方法で、脂肪分解効果が高いです。

 

ラジオ波の主な作用

 

ラジオ波の方は電波ですが、当てた部分の脂肪の奥の皮下細胞まで高周波のラジオ波が届き、振動させます。そして、このラジオ波の振動で身体が温まり、脂肪が柔らかくなってセルライトを分解しやすくします。

 

ラジオ波は、脂肪を溶解すると共に新陳代謝を活性化するので、セルライトになってしまったボコボコした部分も目立たなくなります。同じ脂肪分解でも、セルライトになってしまった部分を解消したいなら、ラジオ波の方が効果があると言えます。

 

また、ラジオ波はコラーゲンの生成を促進する働きもする為、肌のアンチエイジングにも効果がありますから、40代以降に皮膚のたるみが気になりがちな二の腕、お尻などの部分には特におすすめです。

 

キャビテーションとラジオ波の使い分けは

 

以上の様に、脂肪を減らして痩せる事だけが目的ならば、キャビテーションが向いています。一方セルライトが出来ていて、その除去もしたい場合は、ラジオ波を使った方が効果的です。

 

それぞれの方の脂肪の付き方で、両方を使い分ける事が肝腎です。自宅用のエステ器具を使う場合は1回ごとに、キャビテーション、ラジオ波としてもいいですし、キャビ10分、ラジオ波10分と時間で使い分けてもOKです。

 

キャビテーション、ラジオ波の後はリンパマッサージがおすすめ

 

キャビテーションやラジオ波を当てて脂肪が分解されても、それを体外へ排出しないと意味がありません。その為にエステサロンでも、キャビテーションの後にはエステティシャンがハンドトリートメントでリンパマッサージを念入りに行います。

 

もし、自宅で購入したキャビテーションのマシンを使うなら、最後には必ずリンパ節をマッサージして活性化させ、老廃物の排出がスムーズに行われるようにしましょう。リンパ節は身体の各所に約800カ所ありますが、足痩せを目指すなら、膝裏や鼠蹊部のリンパ節を、二の腕なら脇の下のリンパ節をマッサージして活性化させましょう。

 

>> おすすめ家庭用キャビテーション

 

キャビテーションって痛いんじゃない?

 

食事制限や筋トレなど様々なことにチャレンジしてみたけれど一向に痩せない部位があって困ってしまった、そんなときキャビテーションなら簡単に痩せられそうという情報を知るとやってみたくなるもの。しかし、キャビテーションがどのような施術なのかわからないために痛みを伴うのではないかと不安に思ってしまうこともあるでしょう。

 

キャビテーションは痛くない

 

そもそもキャビテーションというのはマッサージをしたり脂肪を吸引したりといった施術ではなく、特殊な超音波を使って脂肪細胞の中に気泡を発生させ、その気泡が破裂する衝撃を利用して脂肪細胞を破壊するという痩身術です。破壊された脂肪細胞がリンパ管や血管によって体外へと排出されることで痩せることができるという仕組みとなっています。

 

破壊という言葉を目にすると相応の痛みが伴いそうであると感じてしまいがちですが、実はキャビテーションの施術自体に痛みはほぼありません。超音波の振動は非常に細かな動きであるため、実際に施術を受けている最中にその振動を感じることはほぼないといっても過言ではないのです。

 

痛みはないけれど違和感おを感じることがあるかも

 

キャビテーション自体に痛みは伴わないのですが、キャビテーションは特殊な超音波を使って脂肪細胞を破壊するという性質上、少しピリピリしたり骨伝導音が気になってしまう場合があります。骨伝導音というのは超音波が骨に当たることで発生するキーンという音で、本来であれば少し響く程度で慣れていくものです。

 

しかし、この音が苦手であるという方も少なからずいますし、不快に感じて施術を中断する事態に陥ることもあるようです。このようにキャビテーション自体に痛みはありませんが、違和感や不快感を感じることはあるかもしれないということは念頭に置いておくと良いでしょう。

 

ちなみに骨伝導音はキャビテーションの機械によってしっかりと対策されているものもあるため、施術を受けるクリニックやサロンのマシンはどうなのか事前に確認しておくと安心です。

 

痛いという口コミを見かける理由

 

このようにキャビテーション自体には痛みはほぼ皆無と言って良いのですが、キャビテーションは痛いという口コミを目にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。その口コミの正体は恐らくキャビテーションではなく、その後に行われるリンパマッサージの痛みであることが予想されます。

 

先の述べたとおりキャビテーションというのは脂肪細胞を超音波で破壊したあと、リンパ管や血管などによって体外へ排出される仕組みとなっています。そのため施術後はきちんとリンパが流れるようにするためにリンパマッサージを受けるのが基本となっているのです。

 

リンパマッサージは体がこっていたりするとなかなかの痛みを伴う場合があるため、施術を一緒くたにみてしまった結果、キャビテーションは痛いという印象を持ってしまったのでしょう。

 

キャビテーション自体は痛みがほぼない施術ですが、その他の部分で痛みや違和感を覚えることがある場合もあります。安心して施術するためにも家庭用キャビテーションの情報や、エステ店舗の場合はマシンについて事前に確認をしておき、気持ちよくスリムな体を目指したいものですね。

page top